わたしの砂時計        

サラサラと流れていく日常を ほんのひと掬い 時々ピアノ 時々愚痴と毒吐き

成熟スイッチ  林真理子


  成熟 2022年11月発行 講談社

今年古稀を迎える筆者の、人生の回顧録。
日経の「私の履歴書」の前段階みたいなものかな?

私はデビュー作「ルンルンを買っておうちに帰ろう」からのファンで、
自宅の本棚には文庫本がズラ~リ。読んだことを忘れて
同じものを2冊買ったことが3回くらいある。
引っ越しで、すべてブックオフへ持ち込んでしまったが。
図書館を利用するようになってから、直木賞を獲った以降の本も
殆ど読んでいる。

彼女がまだコピーライターで、テクノカットで頭をツンツンにして
テレビに出ていた頃、「クイズダービー」という番組があった。
聡明な美女、竹下景子さんがマドンナで、時々出る林さんは
司会の大橋巨泉にメッタメタ、ボロクソに言われていた。
今ならセクハラもの。実に失礼だった。

作家の中島梓(栗本薫)氏も、エッセイの「あと書き」か何かで
「間違っても直木賞なんかとらないでね」みたいな
相当上から目線の、小馬鹿にしたことを書いていた。

それがどうだろう。

直木賞は勿論、さまざまな文学賞をとり、フランスから勲章をもらい、
日大の理事長になってしまった。

エッセイだけ読むと、お金の無駄遣い、毎夜の外出、
1年中やっているダイエット。ぎゅー詰めのクローゼット、など
よく飽きもせず同じことを毎年やったり書いたりしているな、と
ちょっと呆れる時もあるのだが、この人、言う時はズバリと
正論を言うし、入念に下調べをした長編小説も沢山ある。

この本の中で、今日の自分にまでのし上がってきた理由が
色々書いてあるが、唯一触れていないのが健康管理の事。

大病も長期入院も骨折もしていない。
頑健な身体に恵まれていることも
長期に活躍できた大きな理由だろうと私は思う。


(19:00)

 

スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

MK(女性)

Author:MK(女性)
終活で戸建てからマンションへ
2020年2月に転居しました。
シンプルかつコンパクトに暮らす
丑年、水瓶座。趣味はピアノと
ドール。神奈川県生まれ。
長野県在住。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (48)
読書記録 (170)
お出掛け (97)
日々の暮らし (680)
お人形遊び (42)
音楽活動 (136)
食べ物 (72)
花 (56)
手仕事 (43)
つぶやき (389)
昔語り (33)
ドール絵日記 (13)
視聴記録 (49)
健康 (89)
ゲーム (13)
毒吐き (34)
学び (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Template by たけやん