大きな砂時計        

サラサラと流れていく日常を ほんのひと掬い 時々ピアノ 時々愚痴と毒吐き

海外旅行はやっぱり若いうちがいい



コロナ禍の中でも、旅行熱が復活しつつあります。
このクソ寒いのに、特急あずさにも結構人が乗ってるし。

旅行案内も、小金を持った老人向けの滞在型海外旅行の
案内が、連日新聞にデカデカと載ります

私はというと、もう海外旅行は特に行きたくもなし。
若い時に行って来ちゃっておいて良かったとしみじみ思います。

海外旅行自由化の翌年にニューヨークへ。高2でした。
ホームステイして、万博も見たしエンパイアステートビルにも上ったし、
バージニア州やナイアガラの滝、ホワイトハウスも見学しました。

大学2年の春休み、母校の団体ツアーで、30日間にローマ、ポンペイ、
カプリ島、フィレンツェ、ベニス、ミラノ、ジュネーブ、マドリッド、
カサブランカ、マラケシュ、リスボン、パリ、ロンドン、
アムステルダム、アテネ、カイロ、
南回りで帰国、という駆け足欲張りスケジュールの旅行に
参加しました。医学部のドクターも同行したので安心でしたが、
終盤は観光バスから降りないで(見物もしないで)寝ている人も
いたくらい、疲れました。
この頃から、大学生が卒業旅行で海外へ行くのが
流行り出したような気がします。

就職して最初のボーナスで同期の女性に強引に誘われて
ハワイへ。お互いに一緒に行くBFがいなかったから(?)(。-_-。)

結婚してマレーシアへ。出産2回の合間にシンガポール、タイへ。
日本へ帰任時に香港へ寄ったら現金入りのバッグを盗まれました。
香港大嫌い。(*`皿´*)

そして帰国してから、子供たちが中1、小5の夏休みに、
生まれた土地を見せに、一家4人でKLへ行きました。

それ以降、全く海外へは行っていません。
(夫はリタイアしてからも中国へ2回行っていますけど)
私は多分もう海外へは行かないと思う。

やっぱり、行くなら若いうちですね。
特に私みたいな出不精は。
因みに夫は現役時代、仕事で53か国訪れたそうです。
その間私に丸投げだった私生活はともかくとして、
悔いのないサラリーマン生活だったことは確かでしょう。

地球



(15:10)

 

スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

MK(女性)

Author:MK(女性)
終活で戸建てからマンションへ
2020年2月に転居しました。
シンプルかつコンパクトに暮らす
丑年、水瓶座。趣味はピアノと
ドール。神奈川県生まれ。
長野県在住。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (44)
読書記録 (139)
お出掛け (76)
日々の暮らし (575)
お人形遊び (39)
音楽活動 (96)
食べ物 (60)
花 (50)
手仕事 (36)
つぶやき (318)
昔語り (27)
ドール絵日記 (11)
視聴記録 (38)
健康 (69)
ゲーム (9)
毒吐き (15)
学び (1)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Template by たけやん