大きな砂時計        

サラサラと流れていく日常を ほんのひと掬い 時々ピアノ 時々愚痴と毒吐き

医者選びは運もあるけど自分の直感も信じたい




歯科でのこと。

去年の10月に、歯のCTを撮ったら根が怪しいとか言って、
何の自覚症状もなかった歯のクラウンをはがされてしまいました。

その後スタッフが複数辞めて診療がうまく回らなくなり
治療が頓挫したので、別の歯科に変えました。

そこでも「歯磨き指導」と称して2か月待たされ、
やっと治療が始まったと思ったら
どういう手違いか知らんけど、つんつん突いている時ズキっとして、
それ以後歯をコンコンと叩くと響くようになりました。

痛みはないけど、響くのです。

歯科医は首をひねり、もっと大がかりな治療になるかも、というので
これ以上何かされたらたまらんと、3軒目の歯科に変えました。

数回根の治療をしましたが、響く症状は改善せず、
歯茎切開して横から根の様子を見る、あるいは一旦歯を抜いて
根を治療してから歯を埋め戻す、という治療を提案されましたが
断りました。

響いても噛むのに支障はないから、このままで被せて、
痛みや他の症状が出たらその時はその時で治療する、ということで。

今度の歯科医師は、話し合いの時間を別に設けてくれて、
よく話を聞いてくれました。

歯科治療は今、悪い所を治療するより、悪くさせない予防歯科の方に
舵を切っており、数か月ごとの口腔メンテナンスや歯磨き指導に
力を入れており、CTなどで異常が見つかれば早めの治療を
しているが、今回の場合それが裏目に出てしまったという事でしょう、と。

ともかく私にしてみたら「全く余計なことをしてくれた」としか言えないのです。

2020年の7月21日のブログを見ると、
「なんとなく不信感」という記事を書いています。
最初の歯科医院に対して、しっくりこない気持ちを綴っています。

今にして思えば、この直観を大切にして、さっさと別の歯科医院に
乗り換えるべきだったと思います。
そうすれば、こんな目にあわずに済んだかも。

医師やスタッフの対応、設備、雰囲気その他、
「自分に合ってないな」と感じたら、その直感を信じて、
さっさと乗り換えた方が良いと思います。


(13:25)



スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

MK(女性)

Author:MK(女性)
終活で戸建てからマンションへ
2020年に転居しました。
シンプルかつコンパクトに暮らす
丑年、水瓶座。趣味はピアノと
ドール。神奈川県生まれ。
長野県在住。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (40)
読書記録 (122)
お出掛け (73)
日々の暮らし (526)
お人形遊び (39)
音楽活動 (66)
食べ物 (56)
花 (50)
手仕事 (30)
つぶやき (293)
昔語り (23)
ドール絵日記 (11)
視聴記録 (34)
健康 (60)
ゲーム (5)
毒吐き (6)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Template by たけやん