わたしの砂時計        

サラサラと流れていく日常を ほんのひと掬い 時々ピアノ 時々愚痴と毒吐き

日本人の真価 藤原正彦 ~日韓断絶~


ふじわら 2022年7月発行 文春新書


「日韓断絶」の章は、全文引用したいくらいです。
要約するのはもったいないけど、
自分なりにやってみます。

1948年に公布された大韓民国憲法の前文には
「反日」が明記されている。

憲法で反日を謳っているのだから、何事につけ日本を
目の敵にし、どこまでも貶めようとするのも当然。

朝鮮半島は山がちな地形で、75%が山地。
日本が統治するまで植林を知らなかったので禿山ばかりだった。
大国に囲まれた貧しい国だったため、事大主義を選択。
大国中国の属国となり、朱子学の教えにのっとって
序列が上の人に対して礼を尽くしていた。
属国という被害者意識より、むしろ礼を尽くしているという点で
道徳的に高い国という誇りをもっていた。

主体的国家であることを放棄していたため、全国民を
国家の構成員だとする「国民国家」としての意識が希薄だった。
李王朝末期には政治が腐敗し、中国と結んだ一部の支配層が
自国の民衆を奴隷化して搾取する状態だった。

当然、法や秩序に対する意識は育たないまま。
          ↓ ↓
だから国家間の約束など、簡単に破ってしまう。


二千年にわたる中国の支配下で朝鮮人の意識に刷り込まれたのが
「華夷秩序」という意識。中国こそが世界の中心であり、それから
外れた周辺の異民族を、蛮族と見なすもの。
中国に礼を尽くしているから自分たちは小中華としての
誇りを持っていた。

しかし、小中華が大中華を凌駕することはありえないので
「卑屈な感情」は残る。
このストレスを解消するのが、中華の外にある日本を「蛮族」として
軽蔑することで、心の均衡を保つのだ。
中国に対する「卑屈」と日本に対する「軽蔑」。
これが長い歳月、朝鮮の人々の精神的支柱であった。

なるほど、であります。
だから、内政に問題が生じると、「反日」に目を向けさせるわけね。
日本を軽蔑し、侮辱することでバランスを保っているわけだ。

ケント・ギルバート著の「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」
を読んだ時も、目からウロコでしたが、
藤原氏の解説も、納得の内容です。

どっちにしても、朝鮮の人とは千年たっても仲良く出来るはずがない
と思わざるを得ません。


(17:17)


追記(8・23  16:06)

他人を憎み、見下す事で自分を保とうとするって、
まさに自己愛性人格障害そのもの!本当に民族まるごと
自己愛国家なんだ。・・・とのご意見頂きました。
全くその通りだと思います。



スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

MK(女性)

Author:MK(女性)
終活で戸建てからマンションへ
2020年2月に転居しました。
シンプルかつコンパクトに暮らす
丑年、水瓶座。趣味はピアノと
ドール。神奈川県生まれ。
長野県在住。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (46)
読書記録 (170)
お出掛け (101)
日々の暮らし (665)
お人形遊び (42)
音楽活動 (74)
食べ物 (71)
花 (56)
手仕事 (43)
つぶやき (384)
昔語り (31)
ドール絵日記 (13)
視聴記録 (49)
健康 (90)
ゲーム (13)
毒吐き (34)
学び (2)
ピアノ (118)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Template by たけやん