大きな砂時計        

サラサラと流れていく日常を ほんのひと掬い 時々ピアノ 時々愚痴と毒吐き

トリニティ  窪美澄




くぼ 2019年3月発行 新潮社




先日直木賞を受賞した窪美澄さんの、
2019年に直木賞候補になった小説。

初めのうちは、舞台が色々飛ぶし、
どこへ着地するのか分からなくて、なかなか読み進めず
最後まで読めるか危ぶんだが、
途中、3人の主人公が接点を持ったあたりから面白くなり、
後半は一気に読み進むことができた。

我々団塊の世代が生きてきた昭和という時代背景が
丁寧に描かれているのも郷愁を誘ったし、
当時の女性のさまざまな生き方と、成功したかに見えた
時代の寵児の栄光と挫折を垣間見た。

巻末の参考文献を見て、なるほどね、と思った。

入念に下調べをした力作である。

読書記録に、私はあらすじは書かない主義なので
感想は以上です。


(15:45)



スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

MK(女性)

Author:MK(女性)
終活で戸建てからマンションへ
2020年に転居しました。
シンプルかつコンパクトに暮らす
丑年、水瓶座。趣味はピアノと
ドール。神奈川県生まれ。
長野県在住。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (39)
読書記録 (122)
お出掛け (73)
日々の暮らし (526)
お人形遊び (39)
音楽活動 (65)
食べ物 (56)
花 (50)
手仕事 (30)
つぶやき (292)
昔語り (23)
ドール絵日記 (11)
視聴記録 (34)
健康 (59)
ゲーム (5)
毒吐き (6)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Template by たけやん