わたしの砂時計        

サラサラと流れていく日常を ほんのひと掬い 時々ピアノ 時々愚痴と毒吐き

お金、税金、相続などの話は大の苦手


来週末、確定申告の依頼に税理士事務所へ行くので、
夫婦別々に資料は作りました。
また夫のダメ出しが入ったけど。

夫は経理にも税務にも株式の運用にも詳しいけど、
私はその方面、全くの音痴。(分かろうとする気もない)

話のついでに、今後の相続の話とか、私が親の相続を
した時の話とかが出てきて、当時のコレコレの書類を
見せて、とか言われたけど、母が亡くなったのは16年も前、
父は1998年没。その頃の関係書類なんて、
でっかいバインダーの中のどこにあるやら。

昔の通帳なんて、引っ越しの際切り刻んで処分しちゃってるし。
相続税をどこでどうやって払ったかも、全く記憶にありません。←オイ

あ~もう~本当にこういう話は、私の理解の範疇を超えているから
嫌なんです。

絶対に私の方が先に逝きたい。
相続だの税金だの、面倒な事に向き合いたくないです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

正式な書面の日付はすべて「元号」で書くことになっていますが、
西暦でもOKとしてくれないでしょうか。
平成何年とか言われても、分からないんですよね。いつのことだか。
換算しなくちゃならない。面倒なことこの上ないです。
昭和、平成、令和と、3つの元号に亘って生きちゃったから、
わけがわからない。


(13:15)

 

「潜入・ゴミ屋敷 孤立社会が生む新しい病」 笹井恵里子 


ごみやしき 2021年7月発行 中公新書ラクレ

ゴミ屋敷と言ったら、ワイドショーで取り上げられたり
「家ついて行っていいですか」で物凄い有様を見たり、
今日び、珍しくもない現象です。

片付けられない要因には色々あるようで、ADHDなどの
気質的なものや、ためこみ病、年取ってゴミ出しができなくなった
など様々です。
根っからだらしのない人たちかというと一概にそうでもなく、
医師だの公務員だの、昼間はきっちり働いていて
社会的地位もある人が、
帰宅するマンションの部屋はゴミ屋敷、というのも珍しくないとか。

それを片付ける側の一員として、著者が体験記を
書いているわけですが、怖気をふるう凄まじさです。
尿の入ったペットボトル(ションペットというそうです)の山、
ビニール袋に入った大便の山、
ゴミが溜まり過ぎてトイレが使えないんですよね。
また、排泄物でも自分のものだから捨てられない、という
病的なケースもあるそう。
大量の蠅やゴキブリがいる部屋で、ベッドの上も物だらけ、
床の僅かなスペースで寝ている。
マトモな人間の生活じゃありません。

孤独死してしまった人の現場の清掃も大変なんて
ものじゃない。死臭はゴミの臭いとは全く別物。
年寄りが入浴中に死ぬのは、いわゆるヒートショックではなく
熱中症だそうです。
浴槽につかるうち、暖かい、気持ちいい、から
徐々に体温が上がり出し、意識が朦朧とし、溺れる、という。
このようにして数日後に発見された場合の
浴槽の清掃は、ぞっとするくらい大変です。

とにかく、ゴミ屋敷になった部屋の片づけには、数万から
数百万かかり、それがアパートの一室で、居住者に
支払い能力がない場合、家主が負担することになります。
家主にとって、なんという不運。
だから高齢者がアパートを借りるのが難しいんですよね。

物が捨てられない、片付けられない人というのは
一定数居るでしょう。
性格的には几帳面でも、ものを取っておく習性があり
気付けば家の中はごちゃごちゃ、と言う人、います。

少子高齢化の現在、介護問題とともに、ゴミ屋敷問題は
今後ますます深刻な社会問題となっていくのだろうと
思います。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私も夫も、結婚してから6回ぐらい引っ越して、大きな家から
社宅のウサギ小屋まで色々住みましたが、とっ散らかった
ゴミ屋敷にしたことは全くありません。
広ければ広いなりに、狭ければ狭いなりに、工夫して
住みよく暮らしてきたつもりです。

しかし、子供は親の背中を見て育つなんて嘘っぱちだ、と
思ったことが30数年前に自宅で起きました。
そのことについては詳しくは書きたくありません。
子供が親のスネをかじって生きているうちは、
親の目の届かない個室を与えてはいけない。
痛切な、苦い反省です。

これから、大学進学で親元を離れて暮らす若者たち。
自分の住む場所を汚部屋にするなよ!


(10:33)

 

昼にうなぎ屋へ行ったけど


昨日で、医療費のまとめとか、確定申告の資料作りが
ほとんど終わり、週末に税理士事務所へ行くことになった。

寒いし、うなぎでも食べて元気になろうか、と
徒歩5分のうなぎ屋へ。

うな

うな重にしたのに、蓋を取った画像を撮り忘れた。(バカ)

ここ、予約もいらないし、着席して注文してから
10分くらいで出てくる。中身は推して知るべしである。

タレは濃厚につけてあるし、べちゃっとして
あまり好みの味ではない。

やっぱり、川岸の観光荘で、予約席に座り、20分以上待たされて
カリッカリの香ばしい焼き加減のウナギに
タレは自分の好みの量をかけ、ネギとワサビをまぶして
いただく「やなまぶし丼」じゃなきゃ嫌!


(14:13)

 

ミシンを買い替え~多分最後のミシンかな?


ミシンはマレーシア在住時代に大活躍で、
帰国してからも我流で子供服など色々縫い、
初代のジャノメは壊れ、
2代目(メーカー忘れた)も壊れ、
3代目はジューキで、これも10年以上愛用しましたが
何度か修理に出し、色々不具合が出てきたので、
去年の夏に買い替えました。
最小限の機能があればいいや、と思い、そこそこの
ミシンを量販店でゲット。

前のミシンと、上糸の掛け方、下糸の巻き取り方、スタート、
ストップ、返し縫い、すべてやり方が微妙に違うので
最初は慣れなくてイライラしましたが、やっと慣れてきた
所です。

ジューキ 長い間ありがとう
              ↓ ↓ ↓
ジャガー 多分最後のミシン

最近の作は、お人形の着物。

着物

60代は、ドール趣味一色でした。(´pωq`)

(10:00)

LOVE LOVE LOVE




今日は阪神淡路大震災が起きた日。
能登半島の被害は甚大だし、
日本列島の行く末が案じられるばかりです。

アザレア
室内で咲いているアザレア。

世界を見渡せば、戦争は終わらないし
民族間の憎しみは増すばかりだし
アメリカはまたあの無知無教養金満権力志向の
お爺が大統領に返り咲くらしいし、
ますます先行きが見えない年になりそうです。

愛💛のある世界が欲しい。

今日の一曲は、LOVE LOVE LOVE。




(15:20)

 

人と触れ合う事、何かに属すること、目標を持つことはやはり必要



今日はコーラスの練習日でした。
物凄く寒いけど完全武装して出掛けました。

2020年の2月にこのマンションへ越して来て、
すぐにダイヤモンドプリンセス号騒ぎ、
そしてコロナ禍に突入しました。

人との接触、外出が極端に制限され、
旅行も食べ歩きもできなかった2年半。
新しい世界は全く広がらず、外出と言えば医者だけ。

何の予定もない、何にも拘束されない日々を、自由な日々と
肯定的にとらえようとしたけど、ハッキリ言って、自分は
もう終わってる、と思わざるを得ませんでした。

外出して人と会うことも無ければ、お出掛け用の身支度も
必要ありません。
お洒落は自分の為、なんて嘘。人に見られるからこそ、
お洒落したくなるものなんです。

去年の夏に、40年ぶりで女性コーラスに復帰して、
週に一度でも、好きな服に手を通して友人たちと会うこと、
新曲を覚えて歌う事、お喋りして自分を解放することで、
「終わった自分」から、「まだ終わっていない自分」へと
移行することができました。

何をしてもしなくてもいい自由な時間、というと聞こえはいいが、
何もしないというのは自己肯定感を低くします。

だんだんに仕上がっていく曲を歌いながら、
コーラスに入って良かったと思いました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

(これはあくまでも自分に対する思いで、
一般論ではありません。念のため。)


(17:30)


 

「夜空に浮かぶ欠けた月たち」 窪 美澄



窪 2023年4月発行 株式会社KADOKAWA

古い純喫茶と、近所の心療内科医院が舞台。
そこへ訪れる、心が折れそうな人たちの
悩みと、それに向き合ってくれる医師、カウンセラー、
純喫茶のママ。
悩みを吐き出して、治療を受け、徐々に立ち直っていく
登場人物たち。

そんな物語である。

今、心を病む人は多いらしい。
しかしそれに寄り添ってくれる人、場所が一体
どれだけあるだろうか?

ここに出てくる心療内科医、カウンセラーは
いい人過ぎて、あり得ない感じ。

私の74年の人生で、40人以上の医者と遭遇したが
本当に患者の気持ちに寄り添おうとしてくれる医者は
ほんの数名だった。

こんな心療内科医院が本当にあったら、
私だってかかりたかった。

ま、これはあくまでも「お話」である。フィクションである。
読んでほっこりする人がいればそれで良いのだ。

(ハッピーエンドが素直に喜べなくなったのは
歳のせいでしょうか。)(T_T)


(9:45)

 

諏訪湖が全面結氷


昨日雪が降り、今朝6時の外気温はマイナス8.2度でした。

ベランダ

ベランダの手すりも凍っています。

諏訪湖

雲一つない青空に、北アルプスがくっきり。
そして、諏訪湖が全面結氷しているようです。
湖岸をウオーキングしてきた夫の報告です。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今朝の日経に、小さく、元日大理事長の田中英壽氏が亡くなったと
報じられていました。享年77歳。
お金と権力をほしいままにしても、死ぬときは身一つ。


(11:43)

 

寒いと身体がガッチガチ



今日は午後整体の予約日でした。

出掛ける時はこんな感じに雪が降りだして、

雪

施術が終わった頃には積もり始めていました。

積雪

整体では、腰も肩も首も、筋肉がガッチガチに
固まっていると言われました。
身体が硬い上に、血のめぐりも悪くなり、この寒さだから。
さぼり気味のストレッチも続けなくては。
本当は冬眠したいんですけど。


(16:25)

 

昼は外食 オムライス


今日は風もなく、日差しが暖かく感じられます。

椿

マンションの植え込みの寒椿が咲き出しました。

オム

昼は、駅ナカのたまごや工房でオムライスを食べました。
うちから徒歩1分ですので便利。
夫はビーフシチュー、私はトマトソース。
ボウルに入ったソースをオムライスの上からかけます。
トマトソース、具だくさんで美味しかったです。

プレゼントに卵6個入りのパックもくれました。

tamago

サービス券があと1回分あるから、また行こうっと。


(13:33)

 

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

MK(女性)

Author:MK(女性)
終活で戸建てからマンションへ
2020年2月に転居しました。
シンプルかつコンパクトに暮らす
丑年、水瓶座。趣味はピアノと
ドール。神奈川県生まれ。
長野県在住。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (46)
読書記録 (170)
お出掛け (101)
日々の暮らし (665)
お人形遊び (42)
音楽活動 (74)
食べ物 (71)
花 (56)
手仕事 (43)
つぶやき (384)
昔語り (31)
ドール絵日記 (13)
視聴記録 (49)
健康 (90)
ゲーム (13)
毒吐き (34)
学び (2)
ピアノ (118)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Template by たけやん